• キレイな女性

かかる費用

顎に手をあてる女性

日本人は、骨格の関係であごが足りなくなっている人が少なくありません。
実際に、あごが後ろに引っ込んでいたり短くなっている人がかなり多いのですが、顔がぼんやりとした印象になってしまいますし、横顔が美しく見えません。
そのような人は、美容外科クリニックを受診して、プロテーゼを挿入する手術やヒアルロン酸注入を受けるようにすれば、顔の輪郭をシャープに整えることができます。
また、余分な脂肪がついてあごがたるんでしまっている場合は、脂肪溶解注射や超音波治療などでフェイスラインをスッキリと引き締めることができます。
一方、あごが長すぎるとか、しゃくれているといった悩みを持っている場合は、骨を削る美容整形手術を受けることによって気になる症状を改善することができます。

たとえば患者が理想とする女優の写真を提示して、この顔のようにして欲しいと希望するケースがよくあります。
全く同じ顔にすることはできませんが、患者がなりたい顔のイメージを医師が正確に知ることができるというメリットがあります。
ただし、「このあごと同じ形にして欲しい」という部分的な希望を述べられても、それに応じることができないケースがしばしばあります。
もちろん最終的には患者の意思が尊重されることになりますが、顔全体のバランスを考えずに部分的な治療を行うと、逆効果になってしまう可能性があるのです。
あごの治療をする場合であれば、頬からのラインが自然に見えることが重要ですし、鼻や唇の高さとのバランスを取る必要もあります。
美容外科医は顔全体のバランスを考えた上で治療プランを提案しますので、アドバイスに耳を傾けるようにしましょう。

シャープなあごを作れる整形のメリットとは
Copyright © 2015 シャープなあごを作れる整形のメリットとは.
All Rights Reserved.