• キレイな女性

効果の持続期間

医療器具を扱う看護師

あごが前に突き出しているとか長すぎるといった悩みを抱えている女性が時折います。
日本人の場合、骨格の関係であごが貧弱になっている人の方が多いですから、全体から見ると少数派ということになります。
絶対数が少ない分だけ余計に悩みが深刻化してしまいがちなのですが、この悩みを確実に解消するためには、余分な骨を削る輪郭形成手術を受ける必要があります。
ただし、生きた人間の骨を削るわけですから、体が大きなダメージを受けることになります。
また、重篤な合併症や副作用が起こる可能性もあります。
そのため、最近では、まず他の治療法でアプローチしてみるというケースが多くなってきています。
たとえば頬にヒアルロン酸を注入して膨らみを持たせるようにすると、相対的にあごの長さが目立たなくなります。
リスクが低い治療を希望する患者が多いので、今後はこの傾向がさらに強まっていくと予想されています。

後ろに引っ込んでいるあごを前に出してやると、バランスの取れたキレイな横顔になることができます。
セルフケアで顔の形を変えることはできませんが、美容外科クリニックへ行けば、希望通りの顔になることができます。
あごの形を整える方法には、プロテーゼを挿入する美容整形手術やヒアルロン酸注入、レディエッセ注入などがあります。
一番料金が安いのはヒアルロン酸を注入する方法です。
ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している物質ですので、アレルギー反応が起こる心配をする必要がありません。
ただし、注入後少しずつ吸収されていきますので、治療効果が6~12ヶ月程度しか持続しません。
一方、レディエッセの効果持続期間は1~2年程となっていますが、半永久的な改善効果を希望しているのであれば、プロテーゼを挿入する方法を選ぶ必要があります。

シャープなあごを作れる整形のメリットとは
Copyright © 2015 シャープなあごを作れる整形のメリットとは.
All Rights Reserved.