• キレイな女性

メスを使わない

女性のデコルテと口元

あごの形で顔の輪郭は大きく変わります。長く突き出たあごは顔の下半分を大きく見せ、顔のバランスを悪くします。
エラが張っていると、顔は四角くなり、理想的な卵形の輪郭から外れます。またあごが大きいと顔が大きく見え、小顔に見えません。
口元が大きく突き出して見えてしまうこともあります。顔の輪郭を左右するあごを整形で整えることで、シャープな輪郭を手に入れることができます。
脂肪がついてもたついた感じになっているときは、脂肪溶解注射や、脂肪吸引で脂肪を除去します。これだけでもっさりとした感じがなくなります。
逆に顔の下半分は引っ込んでいる場合にも、輪郭がシャープになりません。プロテーゼという人口の軟骨を挿入し、顔の下半分を前にだし、輪郭を整えます。
ボトックス注射で筋肉を小さくし張りをなくす方法があります。骨格の問題の場合は骨を削ったり切ったりして輪郭を整えます。

小顔ブームが続いているので、あごの形を整える手術も進歩しています。脂肪を除去したり、ボトックスで筋肉を小さくしても、満足いかないという人もいます。
口より下が長い場合や、前に突き出ている場合などは骨を削ったり切ったりして小さくします。口の中から手術を行い、傷跡が残らないようにします。
先端部分を削ったり、中間部分を削ったりします。これは患者の骨格に合わせて行われます。
またあごの先端だけではなく、耳よりの部分や、頬骨を削る場合もあります。いずれも患者の骨格の問題で、どこを削ればシャープな輪郭になるかを判断して手術が行われます。
骨を削った後に、顔に脂肪を注入することもあります。これは頬がこけている場合などに、顔が貧相に見えないようにするためです。
顔をシャープに見せるには、顔全体が美しくぴんと張っている印象が大切です。事前に医師と十分なカウンセリングを行います。

シャープなあごを作れる整形のメリットとは
Copyright © 2015 シャープなあごを作れる整形のメリットとは.
All Rights Reserved.